VTR250のカタログスペック〜初期モデルと現行モデル比較しました

 

1998年からホンダより生産販売されている人気250ccネイキッドスポーツモデルのVTR250。

 

 

今日はこのVTR250の初期モデルと現行モデルのカタログスペックを比較してみたいと思います。

 

 

カタログスペック表

 

まずは早速カタログスペック表にて初期モデル・現行モデルの諸元・スペックを確認比較してみましょう。

 

 

 

VTR250

-1998年式-

VTR250

-2014年式-

型式

MC33

JBK-MC33

全長(mm)

2040

2080

全幅(mm)

720

725

全高(mm)

1050

1055

シート高(mm)

780

755

乾燥重量(kg)

139

-

総重量(kg)

153

160

サスペンション(フロント)

テレスコピック

サスペンション(リア)

スイングアーム

キャスター角(度/分)

25/30

トレール(mm)

98

96

ブレーキ(フロント)

ディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

110/70-17 54H

110/70R17M/C54H

タイヤサイズ(リア)

140/70-17 66H

140/60R17M/C63H

エンジン型

MC15E

エンジン

水冷4サイクルDOHC4バルブV型2気筒

圧縮比

11

ボア(mm)

60.0

ストローク(mm)

44.1

最高出力

32PS/10500rpm

30PS/10500rpm

最大トルク

2.4kg・m/8500rpm

2.2kg・m/8500rpm

始動方式

セルフ

燃料タンク

13

12

燃料供給

キャブレター

インジェクション

 

VTRの90年代の初期モデル2010年代の現行モデルのスペックを比較するとこのような感じです。

 

エンジン自体は基本同じですが、車体周りポジションが微妙に違います。

 

 

パワー自体はキャブレター仕様の初期モデルの方がいいように思いますが、乗りやすさ・扱いやすさについてはインジェクションの現行モデルの方がいいように思います。

 

タンクの容量の大きさについても1L違うようですね。ここは知らなかったです。

 

 

まとめ

 

VTR250は初期モデルと現行モデルでエンジン自体は同じですが、ポジショニングや燃料供給が主に変更されています。

 

 

びっくりするくらいの大きな変化はありませんが、乗り心地・乗りやすさについては違いがあるようです。

 

 

これからVTRを持たれる予定の方はぜひスペック参考にしてみてください!