ホーネット250(MC31)の買取査定相場を調べました。

 

ホンダの250ccクラスのネイキッドモデルでロングセラーになったホーネット。

 

2007年には排ガス・騒音規制のためしかたなく生産が打ち切りとなりましたがホーネット250はまだまだ大人気のバイクです。

 

もしホーネット250を今手放すとしたらいくらくらいで売れるものか?買取査定をかけてみました。

 

ホーネット250(MC31)の買取目安

 

ホーネット250(MC31)をオンラインの買取査定を使って買取相場を調べてみたところ、10万〜35万の間で買取がしてもらえるような感じでした。

 

  • 4〜5万km以上の車両で程度がよくないものだと10万〜15万程度。
  •  

  • 2〜3万kmで程度がそこそこのものだと15万〜25万程度。
  •  

  • 5千〜1万km代で程度がよくメンテもされているものだと20〜35万程度。

 

年式にもよるので一概には言えませんが、程度わけで金額を分けるとしたらこんな感じではないでしょうか。

 

ちなみに中古での販売額相場が25万〜50万円程度なので、40万円以上の買取額がでるのはちょっと難しいかなと思います。

 

 

ホーネット250(MC31)はどんなバイク

 

ホーネット250は1996年〜2007年12月まで生産販売されていたホンダの人気250ccクラスの4気筒モデルです。

 

ホーネット250はギアでカム駆動を行うカムギアトレーン形式で、カムギヤの駆動音が他の音源と合わさって独特のサウンドを奏でるのが特徴的です。

 

中低速のパワーアップもしっかり行われていますが、レーサーレプリカ向けのエンジンということもあり、レッドゾーンの16000rpm〜18000rpmまでしっかり回り超高回転で走ることができました。

 

ホーネット250は50〜60kmをゆっくり走るというよりかはしっかりエンジンを回しまくって走るのがとても楽しいバイクです。